このページの翻訳:

研究業績

これまでの研究業績の一覧です。以下の項目に分類してあります。

  • 論文
  • 国際会議:口頭発表
  • 国際会議:ポスター発表
  • 国内口頭発表

研究業績は、できる限り、論文本体や発表資料をオンラインに載せ、原データへのリンクを掲載しています。

  • DOI (デジタルオブジェクト識別子): インターネット上の文書に対し、恒久的に与えられる識別子。原則として原論文へのリンクで、原論文のダウンロードは、出版者との購読契約により、制限されている場合があります。
  • プレプリントサーバ: 原則として、査読つき学術論文を掲載前に公開するのに使用されるアーカイブ。各論文誌の著作権条項に基づき、なるべく最終版に近い形の原稿を掲載しています。arXivは、プレプリントサーバの中でも代表的なものの1つです。
  • 機関リポジトリ: 大学等の研究機関が、自組織発の研究成果を蓄積するアーカイブです。会議予稿や日本語の文献などを掲載しています。
  • その他: 各種インターネット上のファイルがあれば、リンクを掲載しています。

インターネット上のリンクがない資料をご希望の場合は、直接私までご連絡ください。ご要望に応じて、ファイルや紙などの形態で提供します。

論文(査読つき)

  • Y. Wada, T. Matsuzaki, A. Terui, N.H. Arai. An automated deduction and its implementation for solving problem of sequence at university entrance examination. Proceedings of the 5th International Congress on Mathematical Software (ICMS 2016). Lecture Notes in Computer Science 9725, Springer, 2016, 82–89. [doi:10.1007/978-3-319-42432-3_11]
  • K. Ohara, S. Tajima, A. Terui. Developing Linear Algebra Packages on Risa/Asir for Eigenproblems (Extended abstract). Proceedings of the 4th International Congress on Mathematical Software (ICMS 2014). Lecture Notes in Computer Science 8592, Springer, 2014, 321–324. [doi:10.1007/978-3-662-44199-2_50]
  • S. Tajima, K. Ohara, A. Terui. An Extension and Efficient Calculation of the Horner's Rule for Matrices (Extended abstract). Proceedings of the 4th International Congress on Mathematical Software (ICMS 2014). Lecture Notes in Computer Science 8592, Springer, 2014, 346–351. [doi:10.1007/978-3-662-44199-2_54]
  • A. Terui. GPGCD: An iterative method for calculating approximate GCD of univariate polynomials. Theor. Comput. Sci. 2013, 479, 127–149. [doi:10.1016/j.tcs.2012.10.023] [arXiv:1207.0630]
  • A. Terui. “GPGCD, an Iterative Method for Calculating Approximate GCD, for Multiple Univariate Polynomials.” Proceedings of the 12th International Workshop on Computer Algebra in Scientific Computing: CASC 2010, Lecture Notes in Computer Science, Springer, 6244, 2010, 238–249. [doi: 10.1007/978-3-642-15274-0_22] [arXiv:1007.1836]
  • A. Terui. “GPGCD, an Iterative Method for Calculating Approximate GCD of Univariate Polynomials, with the Complex Coefficients.” Proceedings of the Joint Conference of ASCM 2009 and MACIS 2009, COE Lecture Note Vol. 22. Faculty of Mathematics, Kyushu University, 2009, 212–221. [arXiv:1007.1834] http://hdl.handle.net/2324/16844
  • T. Sasaki and A. Terui. “Computing Clustered Close-Roots of Univariate Polynomials.” Proceedings of The 3rd International Workshop on Symbolic-Numeric Computation (SNC 2009). ACM, 2009, 177–184. [doi:10.1145/1577190.1577217]
  • A. Terui. “An Iterative Method for Calculating Approximate GCD of Univariate Polynomials.” Proceedings of 2009 International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC 2009). ACM, 2009, 351–358. [doi:10.1145/1576702.1576750] http://hdl.handle.net/2241/103423
  • J. Morita and A. Terui. Words, tilings and combinatorial spectra. Hiroshima Math. J. 2009, 39 (1), 37–60. http://projecteuclid.org/euclid.hmj/1237392379
  • A. Terui. Recursive Polynomial Remainder Sequence and its Subresultants. J. Algebra. 2008, 320, 633–659. [doi:10.1016/j.jalgebra.2007.12.023] [arXiv:0806.0495]
  • A. Terui. “Recursive Polynomial Remainder Sequence and the Nested Subresultants.” Proceedings of the 8th International Workshop on Computer Algebra in Scientific Computing (CASC 2005), Lecture Notes in Computer Science 3718. Springer, 2005, 445–456. [doi:10.1007/11555964_38] [arXiv:0806.0488]
  • A. Terui. “Subresultants in Recursive Polynomial Remainder Sequence.” Proceedings of the 6th International Workshop on Computer Algebra in Scientific Computing CASC 2003. Technische Universität Munchen, Germany, 2003, 363–375. [arXiv:0806.0478]
  • A. Terui and T. Sasaki. Durand-Kerner method for the real roots. Japan J. Indust. Appl. Math. 2002, 19 (1), 19–38. [doi:10.1007/BF03167446]
  • A. Terui and T. Sasaki. “Approximate zero-points” of real univariate polynomial with large error terms. IPSJ J. 2000, 41 (4), 974–989. http://hdl.handle.net/2241/00134886 http://id.nii.ac.jp/1001/00012339/ http://ci.nii.ac.jp/naid/110002725305/en/

論文(査読なし)

  • T. Sasaki and A. Terui. A formula for separating small roots of a polynomial. ACM SIGSAM Bulletin. 2002, 36 (3), 19–23. [doi:10.1145/603273.603277]

国際会議:口頭発表

  • Y. Wada, T. Matsuzaki, A. Terui, N.H. Arai. An automated deduction and its implementation for solving problem of sequence at university entrance examination. The 5th International Congress on Mathematical Software (ICMS 2016), Berlin, Germany, July 11, 2016.
  • A. Terui. Towards simplified construction of subresultant matrix of multiple univariate polynomials. Dagstuhl Seminar 15251: Sparse modelling and multi-exponential analysis. Schloss Dagstuhl, June 18, 2015. [doi:10.4230/DagRep.5.6.48]]
  • K. Ohara, S. Tajima, A. Terui. Developing Linear Algebra Packages on Risa/Asir for Eigenproblems. The 4th International Congress on Mathematical Software (ICMS 2014). Seoul, Korea, August 9, 2014.
  • S. Tajima, K. Ohara, A. Terui. An Extension and Efficient Calculation of the Horner's Rule for Matrices. The 4th International Congress on Mathematical Software (ICMS 2014). Seoul, Korea, August 9, 2014.
  • A. Terui. GPGCD, an Iterative Method for Calculating Approximate GCD, for Multiple Univariate Polynomials. The 12th International Workshop on Computer Algebra in Scientific Computing (CASC 2010), Tsakhkadzor, Armenia, September 9, 2010.
  • A. Terui. GPGCD, an Iterative Method for Calculating Approximate GCD of Univariate Polynomials, with the Complex Coefficients. The Joint Conference of ASCM 2009 and MACIS 2009, Fukuoka, Japan, December 14, 2009.
  • T. Sasaki and A. Terui. Computing Clustered Close-Roots of Univariate Polynomials. The 3rd International Workshop on Symbolic-Numeric Computation (SNC 2009), Kyoto, Japan, August 5, 2009.
  • A. Terui. An Iterative Method for Calculating Approximate GCD of Univariate Polynomials. The 2009 International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC 2009), Seoul, Republic of Korea, July 31, 2009.
  • T. Sasaki and A. Terui. Computing Close Roots in a Cluster of Univariate Polynomial. The 12th International Conference on Applications of Computer Algebra (ACA 2006), Varna, Bulgaria, June 27, 2006.
  • A. Terui. “Recursive Polynomial Remainder Sequence and the Nested Subresultants.” The 8th International Workshop on Computer Algebra in Scientific Computing (CASC 2005), Kalamata, Greece, September 13, 2005.
  • A. Terui. “Subresultants in Recursive Polynomial Remainder Sequence.” The 6th International Workshop on Computer Algebra in Scientific Computing (CASC 2003), Passau, Germany, September 21, 2003.
  • T. Sasaki and A. Terui. A Formula for Separating Small Close Roots from Others. The 8th International Conference on Applications of Computer Algebra (ACA 2002), Volos, Greece, June 26, 2002.
  • A. Terui and T. Sasaki. “Approximate Zero-points” of Real Univariate Polynomial with Large Error Terms. The 4th International IMACS Conference on Applications of Computer Algebra (IMACS-ACA 1998), Prague, Czech Republic, August 10, 1998.

国際会議:ポスター発表

  • A. Terui. Calculating Approximate GCD of Multiple Univariate Polynomials using Approximate Syzygies. The 38th International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC 2013), Boston, USA, June 26–29, 2013.
  • A. Terui. GPGCD, an Iterative Method for Calculating Approximate GCD, for Multiple Univariate Polynomials (Poster presentation). The 2010 International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC 2010), Munich, Germany, July 25–28, 2010.
  • A. Terui. An Iterative Method for Calculating Approximate GCD of Univariate Polynomials. The 11th International Workshop on Computer Algebra in Scientific Computing (CASC 2009), Kobe, Japan, September 13–17, 2009.
  • T. Sasaki, K. Shihara, A. Terui, Y. Ozaki, F. Kako. Approximate Algebraic Computation: Practice and Problems. The 1997 International Symposium on Symbolic and Algebraic Computation (ISSAC 1997), Maui, Hawaii, USA, July 21–23, 1997. ACM SIGSAM Bulletin. 1997, 31 (3), 32. [doi:10.1145/271130.271184]

国内口頭発表

2017

  • 田島慎一, 小原功任, 照井章. 行列Horner法の並列化による行列の固有ベクトル計算の効率化について. 日本数学会2017年度年会 代数学分科会, 首都大学東京, 2017年3月27日.
  • 田島慎一, 小原功任, 照井章. 行列の最小多項式候補と拡張Horner法を用いた逆行列計算について. 日本数学会2017年度年会 代数学分科会, 首都大学東京, 2017年3月27日.

2016

2015

2014

2013

  • 田島慎一, 照井章. 行列の最小消去多項式候補を用いた固有ベクトル計算 (III). RIMS研究集会 “数式処理とその周辺分野の研究”. 京都大学数理解析研究所, 2013年12月25日. 数理解析研究所講究録 1907 “数式処理とその周辺分野の研究”, 50–61, 京都大学数理解析研究所, 2014年7月. http://hdl.handle.net/2433/223156
  • 田島慎一, 照井章. 行列の最小消去多項式候補を用いた固有ベクトル計算 (II). 数式処理研究と産学連携の新たな発展. 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所, 2013年8月23日. MIレクチャーノート 49 “数式処理研究と産学連携の新たな発展”, 119–127, 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所, 2013年8月. http://hdl.handle.net/2324/1430855
  • 照井章. Syzygyの近似計算による1変数多項式の近似GCDの計算. 日本数式処理学会第22回大会. 防衛大学校, 2013年6月8日.
  • 田島慎一, 小原功任, 照井章. 行列多項式に対する記号計算の拡張Horner 法による効率化. 日本数学会2013年度年会, 代数学分科会. 京都大学, 2013年3月21日.
  • 田島慎一, 小原功任, 照井章. 行列 Horner 法の並列化の実装について. Risa/Asir Conference 2013 + 第5回六甲博多計算代数会議, 神戸大学瀧川記念学術交流会館, 2013年3月18日.
  • 照井章. 数式処理における近似最大公約子(GCD)計算の最近の動向. 日本数式処理学会東北地区合同分科会, 仙台青葉カルチャーセンター, 2013年1月26日.

2012

  • 照井章. Syzygyの近似計算による1変数多項式の近似 GCD の計算. 研究集会 “Computer Algebra—The Algorithms, Implementations and the Next Generation”, 京都大学数理解析研究所,2012年12月26日.
  • 照井章. 近似GCD算法GPGCDの最近の進展. RIMS共同研究 “数式処理研究の新たな発展”,京都大学数理解析研究所,2012年7月4日. 数理解析研究所講究録 1930 “数式処理研究の新たな発展”, 60–72, 京都大学数理解析研究所, 2015年1月. http://hdl.handle.net/2433/223556
  • 田島慎一, 小原功任, 照井章. 行列の最小消去多項式候補を利用した固有ベクトル計算の並列化. RIMS共同研究 “数式処理研究の新たな発展”,京都大学数理解析研究所,2012年7月4日. 数理解析研究所講究録 1930 “数式処理研究の新たな発展”, 51–59, 京都大学数理解析研究所, 2015年1月. http://hdl.handle.net/2433/223557
  • 照井章, 田島慎一. 行列の最小消去多項式候補を利用した固有ベクトル計算. 日本数学会2012年度年会, 函数論セッション. 東京理科大学, 2012年3月26日(日本数学会2011年度年会一般講演). 日本数学会2012年度年会, 函数論セッションアブストラクト, 日本数学会, 2012. 日本数学会2011年度年会, 函数論セッションアブストラクト, 日本数学会, 2011.

2011

  • 照井章.半正定値計画法による1変数多項式の近似GCDの計算 (Towards Calculating Approximate GCD of Univariate Polynomials with Semidefinite Programming).RIMS共同研究 “数式処理研究の新たな発展”,京都大学数理解析研究所,2011年7月7日. 数理解析研究所講究録 1930 “数式処理研究の新たな発展”, 39–50, 京都大学数理解析研究所, 2015年1月. http://hdl.handle.net/2433/223558
  • 田島慎一,小原功任,照井章.行列Horner法の拡張と効率化.RIMS共同研究 “数式処理研究の新たな発展”,京都大学数理解析研究所,2011年7月7日. 数理解析研究所講究録 1930 “数式処理研究の新たな発展”, 26–38, 京都大学数理解析研究所, 2015年1月. http://hdl.handle.net/2433/223559

2010

  • 照井章, 田島慎一. 行列の最小消去多項式候補を利用した固有ベクトル計算. 研究集会 “Computer Algebra — Design of Algorithms, Implementations and Applications”. 京都大学数理解析研究所, 2010年12月1日. 数理解析研究所講究録 1815 “Computer Algebra — Design of Algorithms, Implementations and Applications”. 京都大学数理解析研究所, 2012, 13–20. http://hdl.handle.net/2433/194576
  • 照井章. 近似GCD算法GPGCDの複数入力多項式への拡張. RIMS共同研究 “数式処理研究の新たな発展”, 京都大学数理解析研究所, 2010年7月7日. 数理解析研究所講究録 1759 “数式処理研究の新たな発展”. 京都大学数理解析研究所, 2011, 15–25. http://hdl.handle.net/2433/171339

2009

  • 照井章. 近似GCD算法GPGCDの複素係数多項式への拡張. 研究集会 “Computer Algebra — Design of Algorithms, Implementations and Applications”, 京都大学数理解析研究所, 2009年11月5日. 数理解析研究所講究録 1814 “Computer Algebra — Design of Algorithms, Implementations and Applications”. 京都大学数理解析研究所, 2012, 97–107. http://hdl.handle.net/2433/194547
  • 照井章. 制約つき最適化に基づく1変数多項式の近似GCDの反復算法. 第38回数値解析シンポジウム (NAS2009), 熱川ハイツ, 2009年6月17日. 第38回数値解析シンポジウム講演予稿集, 2009, 95–98. http://hdl.handle.net/2241/103425
  • 照井章. 制約つき最適化に基づく1変数多項式の近似GCDの反復算法. 第18回日本数式処理学会大会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 2009年6月12日.

2007

  • 太刀川弘幸, 照井章. The presupposed 1st primitive polynomials over a finite field(有限体上の予想される第一原始多項式について). 研究集会 “Computer Algebra — Design of Algorithms, Implementations and Applications”, 京都大学数理解析研究所, 2007年11月9日. 数理解析研究所講究録 1652 “Computer Algebra — Design of Algorithms, Implementations and Applications”. 京都大学数理解析研究所, 2009, 146–154. http://hdl.handle.net/2433/140803
  • 照井章. 任意の収束次数をもつ記号的Newton法の同時反復公式. 共同研究 “数式処理研究の新たな発展”, 京都大学数理解析研究所, 2007年7月5日. 数理解析研究所講究録 1572 “数式処理研究の新たな発展”. 京都大学数理解析研究所, 2007, 82–93. http://hdl.handle.net/2433/81304

2005

  • 照井章. 1変数多項式の再帰的な多項式剰余列と入れ子部分終結式. 研究集会 “Computer Algebra — Design of Algorithms, Implementations and Applications”, 京都大学数理解析研究所, 2005年12月20日. 数理解析研究所講究録 1514 “Computer Algebra — Design of Algorithms, Implementations and Applications”. 京都大学数理解析研究所, 2006, 87–93. http://hdl.handle.net/2433/58679

2004

  • 照井章, 佐々木建昭. 1変数代数方程式の1つの近接根クラスタに含まれる近接根の計算. 研究集会 “Computer Algebra — Design of Algorithms, Implementations and Applications”, 京都大学数理解析研究所, 2004年12月13日. 数理解析研究所講究録 1456 “Computer Algebra — Design of Algorithms, Implementations and Applications”. 京都大学数理解析研究所, 2005, 27–34. http://hdl.handle.net/2433/47852
  • 照井章, 佐々木建昭. 1変数代数方程式の1つの近接根クラスタに含まれる近接根の計算. 第33回数値解析シンポジウム (NAS2004), ウェルハートピア熱海, 2004年5月19日. 第33回数値解析シンポジウム講演予稿集, 2004, 49–52.
  • 照井章, 佐々木建昭. 1変数代数方程式の1つの近接根クラスタに含まれる近接根の計算. Risa/Asir Conference 2004, 神戸大学瀧川記念学術交流会館, 2004年3月23日.

2003

  • 照井章. 再帰的な部分終結式と1変数多項式の実根の個数の計算. 研究集会 “Computer Algebra — Algorithms, Implementations and Applications”, 京都大学数理解析研究所, 2003年12月16日. 数理解析研究所講究録 1395 “Computer Algebra — Algorithms, Implementations and Applications”. 京都大学数理解析研究所, 2004, 97–103. http://hdl.handle.net/2433/25933
  • 照井章, 再帰的なSturm列を用いた1変数代数方程式の実根の個数の計算. 第32回数値解析シンポジウム (NAS2003), 箱根ホテル小涌園, 2003年5月21日. 第32回数値解析シンポジウム講演予稿集, 2003, 13–16.
  • 照井章, 再帰的な多項式剰余列における部分終結式. 第11回Risaコンソーシアム研究集会, 神戸大学瀧川記念学術交流会館, 2003年3月20日.

2001

  • 照井章. 1変数代数方程式の微小根の上界を用いた近接根の計算. 研究集会 “Computer Algebra — Algorithms, Implementations and Applications”, 京都大学数理解析研究所, 2001年11月21日. 数理解析研究所講究録 1295 “Computer Algebra — Algorithms, Implementations and Applications”. 京都大学数理解析研究所, 2002, 117–122. http://hdl.handle.net/2433/42609
  • 照井章, 1変数代数方程式の微小根の上界を用いた近接根の計算. 第30回数値解析シンポジウム (NAS2001), 那須ビューホテル, 2001年5月23日. 第30回数値解析シンポジウム講演予稿集, 2001, 27–30.

2000

  • 佐々木建昭, 照井章. 微小定次項を持つ代数方程式の根の大きさについて. 研究集会 “数式処理における理論と応用の研究”, 京都大学数理解析研究所, 2000年12月19日. 数理解析研究所講究録 1199 “数式処理における理論と応用の研究”. 京都大学数理解析研究所, 2001, 132–136. http://hdl.handle.net/2433/64921
  • 佐々木建昭, 照井章, 微小定次項を持つ代数方程式の根の大きさについて. 第29回数値解析シンポジウム (NAS2000), 那須ビューホテル, 2000年6月9日. 第29回数値解析シンポジウム講演予稿集, 2000, 116–119.

1999

  • 照井章. 誤差項をもつ実多項式の「近似実根」の計算とその応用. 研究集会 “数式処理における理論と応用の研究”, 京都大学数理解析研究所, 1999年11月24日. 数理解析研究所講究録 1138 “数式処理における理論と応用の研究”. 京都大学数理解析研究所, 2000, 43–55. http://hdl.handle.net/2433/63827

1998

  • 照井章, 佐々木建昭. 誤差項をもつ1変数実多項式の実根の存在範囲について (Approximate Zero-points of Univariate Polynomial with Large Error Terms). 研究集会 “数式処理における理論と応用の研究”, 京都大学数理解析研究所, 1998年11月16日. 数理解析研究所講究録 1085 “数式処理における理論と応用の研究”. 京都大学数理解析研究所, 1999, 111–119. http://hdl.handle.net/2433/62801
  • 照井章, 佐々木建昭. 誤差項をもつ多項式の近似実根について. 第27回数値解析シンポジウム, カリアック(商工会議所福利研修センター), 1998年6月15日. 第27回数値解析シンポジウム講演予稿集, 1998, 38–41.
  • 照井章, 佐々木建昭. 誤差項をもつ多項式の近似実根について. 第7回日本数式処理学会大会, 津田塾大学, 1998年6月11日. 数式処理. 1998, 7 (1), 23–24.

1997

  • 照井章, 佐々木建昭. 誤差項を含む1変数多項式の根の誤差上界. 研究集会 “数式処理における理論と応用の研究”, 京都大学数理解析研究所, 1997年11月18日. 数理解析研究所講究録 1038 “数式処理における理論と応用の研究”. 京都大学数理解析研究所, 1998, 106–110. http://hdl.handle.net/2433/61980
  • 照井章, 佐々木建昭. 実根のみを計算するDurand-Kerner法. 第26回数値解析シンポジウム, あずまや高原ホテル, 1997年6月10日. 第26回数値解析シンポジウム講演予稿集, 1997, 59–62.

1996

  • 照井章, 佐々木建昭. 近似計算による代数関数の実特異点の検出について. 研究集会 “数式処理における理論と応用の研究”, 京都大学数理解析研究所, 1996年11月20日. 数理解析研究所講究録 986 “数式処理における理論と応用の研究”. 京都大学数理解析研究所, 1997, 92–99. http://hdl.handle.net/2433/61007
  • 照井章, 佐々木建昭. 浮動小数係数の多項式の終結式計算について. 第5回日本数式処理学会大会, 岩手大学, 1996年5月31日. 数式処理. 1996, 5 (1).

1995

  • 照井章, 佐々木建昭. 代数関数の陰関数描画について. 研究集会 “数式処理における理論と応用の研究”, 京都大学数理解析研究所, 1995年11月22日. 数理解析研究所講究録 941 “数式処理における理論と応用の研究”. 京都大学数理解析研究所, 1996, 215–222. http://hdl.handle.net/2433/60117
  • 照井章, 佐々木建昭. 実多項式用Durand-Kerner法—陰関数描画を目的に—. 第24回数値解析シンポジウム, 熱川ハイツ, 1995年6月14日. 第24回数値解析シンポジウム講演予稿集, 1995, 13–16.
publications.txt · 最終更新: 2017/06/22 10:03 by aterui
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0