差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
ugstudy [2017/04/19 11:22]
aterui [卒業研究]
ugstudy [2018/10/04 11:14] (現在)
aterui [2017(平成29)年度]
ライン 9: ライン 9:
  
 以下、各年度の卒業研究の内容を掲載しています。 以下、各年度の卒業研究の内容を掲載しています。
 +
 +===== 2018(平成30)年度 =====
 +
 +多変数多項式環のグレブナー (Gröbner) 基底の理論,Buchberger(ブッフバーガー)アルゴリズム,多項式環の消去理論などについて勉強しています。
 +
 +
  
 ===== 2017(平成29)年度 ===== ===== 2017(平成29)年度 =====
  
-2016年12月から、卒業予備研究のセミナーが始まりました。現在、多変数多項式環のグレブナー (Gröbner) 基底の理論と組み合わせゲーム理論について勉強中です+多変数多項式環のグレブナー (Gröbner) 基底の理論と組み合わせゲーム理論について,2グループに分かれて勉強しました
  
-本年度は、坂井公先生と共同で卒業研究を担当してい+本年度は、坂井公先生と共同で卒業研究を担当しました
  
  
ugstudy.1492568558.txt.gz · 最終更新: 2017/04/19 11:22 by aterui
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0