微分トポロジー '24

コルク、微分構造、コンコーダンス


English version

場所:筑波大学(自然学系棟D棟D509)
日程:
2024年 3月27日-3月29日
2024年 3月26日(14-15)オンライン(微分トポロジー'24のための簡単なコルクについてのショートコース)
(24日~26日(14-15を除く):事前インフォーマルセミナー(対面のみ)。詳細は未定。興味があり、スケジュールなど知りたい人は世話人まで直接連絡のこと)
Keywords:Corks, differential structure, concordance


[概要] コルクとは、元々、アクブルトによって定義され、創始された。 単連結な閉4次元多様体のエキゾチックなペアに対して必ずコルクが見つかるという基本定理が知られている。 つまり、コルクは4次元の微分可能多様体において微分構造全体を支配するものと考えられる。 しかし長らくそれほど研究は進展してこなかった。ここ最近になって、コルクについて多くの研究がなされるようになり、 4次元多様体の微分構造について多くのことが分かるようになってきた。 この集会では、コルクについての基本的な内容から、現代のコルクについての発展について網羅することが目的である。


現地参加の場合、会場となる自然学系棟D棟D509までの道のり
・TXつくば駅に降りる
・関東鉄道バス(筑波大学循環(右回り))に乗車する(6番のりば)
・第一エリア前で下車
・その後この YouTubeビデオ


集会参加等登録
参加登録フォーム


確定講演者(敬称略)

Online talk=*

スケジュール

3/26(火)

3/27(水)

3/28(木)

3/29(金) 

9:30--10:30
今野
online
10:00--11:00
高橋
10:50--11:50
作間
11:20--12:20
若槇
Lunch
14:00--15:00
丹下
online
14:00--15:00
Ladu
14:00--15:00
谷口
15:20--16:20
佐藤
online
15:20--16:20
Kang
16:40--17:40
安井
16:40--17:40
Kang
 



氏名(敬称略)、タイトル、アブストラクト


ノート・スライド


この研究集会は

から支援が与えられます。


世話人:安部哲哉(立命館大学), 丹下基生(筑波大学)

Seminar