シンポジウムのお知らせ

科学研究費補助金 基盤研究(A) 15H01678 (平成27年度~31年度)
「大規模複雑データの理論と方法論の総合的研究」研究代表者: 青嶋 誠

学術研究助成基金助成金 挑戦的研究 (萌芽) 17K19956 (平成29年度~30年度)
「非スパースモデリングによるビッグデータの新展開」研究代表者: 青嶋 誠

科学研究費補助金 基盤研究(S) 18H05290 (平成30年度~34年度)
「広汎な観測に対する因果性の導入とその最適統計推測論の革新」研究代表者: 谷口 正信

によるシンポジウム

Symposium_2017
-->
タイトル International Symposium on Statistical Theory and Methodology for Large Complex Data
プログラム
チラシ
プログラム/ チラシ をご覧ください。
世話人 青嶋 誠(筑波大学)、イリチュ美佳(筑波大学)、矢田和善(筑波大学)、
石井 晶(東京理科大学)
日時 2018年11月16日 (金) ~ 18日 (日)
場所 筑波大学自然系学系D棟509 (筑波キャンパス内)
住所 〒305-8571 茨城県つくば市天王台1-1-1
内容・目的 高次元データやビッグデータに代表される大規模複雑データの統計解析事例 が大幅に増加し、新たな統計的理論と方法論の発展が目覚ましい。本国際シンポジウムは、 大規模複雑データの最新の動向や最先端の理論研究・応用研究について幅広く講演を集め、 さらに、招待講演者として著名な外国人研究者を招聘し、国際的な視点から、ゆったりと 討論を行うことを目的とする。
講演キーワード 大規模複雑データ、ビッグデータ、高次元統計解析、機械学習、人工知能、生物統計、計算統計、バイオインフォマティクス、データマイニング、ファイナンスなど。
旅費の配分 講演者を中心に配分します。旅費希望の方は、講演申込の際にお伝え下さい。
宿舎の斡旋 斡旋しません。
講演申込期限 本シンポジウムは、英語による講演をお願いします。
主催者側から、講演者を招待する形式とします。
予稿集・報告書 講演者の方は予稿 (A4サイズで10ページ以内)を作成し、PDFファイルを送付期限までに送信して下さい。
予稿とは別に報告書を作成しますので、報告書原稿 (A4サイズで2枚)もPDFファイルで送信して下さい。
予稿・報告書
送付期限
2018年10月26日 (金)
予稿・報告書
送付先
矢田和善 〒305-8571
茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学数理物質系数学域
E-mail: yata [at] math.tsukuba.ac.jp
TEL:029-853-4291
アクセス シンポジウム会場となる筑波大学自然系学系棟D棟へのアクセスは、
こちらをご覧ください。
懇親会 日時:11月17日(土) 18:30~
会場:つくば山水亭
(URL: http://www.sansuitei.jp/)
会費(予定):6500円
シンポジウム会場から懇親会会場まで、送迎バスを用意しています。

高次元統計解析セミナーのお知らせ

科学研究費補助金 基盤研究(A) 15H01678 (平成27年度~31年度)
「大規模複雑データの理論と方法論の総合的研究」研究代表者: 青嶋 誠

学術研究助成基金助成金 挑戦的研究 (萌芽) 17K19956 (平成29年度~30年度)
「非スパースモデリングによるビッグデータの新展開」研究代表者: 青嶋 誠

によるセミナー

日時 2018年11月14日 (水) 15:00-16:10
場所 筑波大学自然系学系棟D棟 D509 (筑波キャンパス内) [アクセス]
講演者 Nitis Mukhopadhyay
(University of Connecticut-Storrs)
題目 Point Estimation Methods for a Negative Exponential Location:
Illustrations with Infant Mortality and Bone Marrow Data
要旨   We introduce Stein-type two-stage, modified two-stage, and purely sequential strategies to estimate an unknown location parameter of a negative exponential distribution (with an unknown scale parameter) under a newly defined and modified Linex loss function. We aim at controlling the associated risk function per unit cost (RPUC) by bounding it from above with a positive number ω that is fixed in advance. We emphasize both asymptotic first-order and second-order properties for the modified two-stage and purely sequential estimation strategies.
  In developing asymptotic second-order properties for the modified two-stage and purely sequential methodologies, we heavily rely upon basic ideas rooted in Mukhopadhyay and Duggan (1997) and nonlinear renewal theory from Lai and Siegmund (1977, 1979), Woodroofe (1977), and Ghosh et al. (1997), respectively.
  Then, we take to extensive data analysis carried out via simulations when requisite sample sizes may range from small to moderate to large. We find that the Stein-type two-stage estimation methodology oversamples significantly and yet the achieved risk may not be close to ω. On the other hand, both modified two-stage and purely sequential estimation strategies perform remarkably well.
  Next, we will validate the major theoretical first-order and second-order properties through simulated data. The methodologies will also be illustrated using real datasets from health studies, namely, infant mortality data and bone marrow data.

青嶋研究室が開催に関わる学会やワークショップ

  1. The 3rd International Conference on Econometrics and Statistics
    Taiwan, June 25-27, 2019
    http://cmstatistics.org/EcoSta2019/index.php
  2. The 5th Institute of Mathematical Statistics Asia Pacific Rim Meeting
    Singapore, June 26-29, 2018
    https://ims-aprm2018.stat.nus.edu.sg/
  3. The 4th Conference of International Society of Nonparametric Statistics
    Italy, June 11-15, 2018
    http://www.isnps2018.it/
  4. 日本学術振興会科学研究費,及び,文部科学省委託事業 AIMaPによる研究集会
    「大規模複雑データの理論と方法論,及び,関連分野への応用」
    筑波大学、2017年12月1-3日
  5. 日本学術振興会科学研究費による研究集会
    「International Symposium on Statistical Analysis for Large Complex Data」
    筑波大学、2016年11月21-23日
  6. The 4th Institute of Mathematical Statistics Asia Pacific Rim Meeting
    Hong Kong, June 27-30, 2016
    http://ims-aprm2016.sta.cuhk.edu.hk/
  7. 日本学術振興会科学研究費による研究集会
    「大規模複雑データの理論と方法論:最前線の動向」
    筑波大学、2015年11月16-18日
  8. ISNPS Meeting "Biosciences, Medicine, and novel Non-Parametric Methods"
    Graz, Austria, July 12-15, 2015
  9. Workshop on Statistical Methods for Large Complex Data
    National Sun Yat-sen University, Taiwan, March 12-14, 2015
  10. 日本学術振興会科学研究費による研究集会
    「Workshop on Statistical Methods for Large Complex Data」
    筑波大学、2014年11月10-12日
  11. The 3rd Institute of Mathematical Statistics Asia Pacific Rim Meeting
    「Recent Developments in High-Dimensional Inference and Methodologies」
    Howard International House, Taipei, Taiwan, June 30-July 3, 2014
  12. Workshop on Statistics for High-Dimensional and Dependent Data
    National Taiwan University, Taiwan, March 21, 2014
  13. 日本学術振興会科学研究費による研究集会
    「高次元データ解析の理論と方法論、及び、関連分野への応用」
    筑波大学、2013年11月25-27日
  14. The 4th International Workshop in Sequential Methodologies
    University of Georgia, U.S.A., July 18-21, 2013
    http://www.stat.uga.edu/IWSM2013
  15. 第7回日本統計学会春季集会
    「高次元データ解析の理論と方法論:最前線の動向」
    学習院大学、2013年3月3日
  16. The 2nd Institute of Mathematical Statistics Asia Pacific Rim Meeting
    「High-Dimensional Inference and Methodologies」
    つくば国際会議場、2012年7月3日
  17. 日本学術振興会科学研究費による研究集会
    「統計的推測の理論と方法論、及び、最近の動向」
    筑波大学、2011年11月7-9日
  18. The 3rd International Workshop in Sequential Methodologies
    Stanford University, California, U.S.A., June 14-16, 2011
  19. 日本学術振興会科学研究費による研究集会
    「高次元データの統計学―理論・方法論・関連分野への応用―」
    筑波大学、2009年12月14-16日